不動産売買に関して

不動産登記の確認方法

トップ

不動産取り引きにおける謄本

不動産取り引きでは、売り主側が用意するものとして、土地の登記簿謄本(登記事項証明書)が必要となります。その他売り主が用意するもとして、公図や測量図などがあるようです。これを買取主の名義に書き換えることで売買が成立しますが、特に買取主に必要な書類は次のものです。買取主名義の住民票抄本、所得証明書、印鑑証明書、免許証・健康保険証などの身分証明書が、公正な取引では必須となります。売り主が提示すべき書類と、買い主が提示すべき書類があって不動産取り引きが成立していきますが、意外に忘れがちになるのは印紙です。やや高額ですが、忘れてはならないものでしょう。

登記簿謄本で確認すること

不動産の登記簿謄本には、面積、所有者、抵当権といった重要なことが載っています。取引にあたって、真正の所有者でない人と取引しても所有権を移転することはできないし、抵当権(担保)のついた物件は、売買の前にはずしてもらうか、売買代金を返済に充ててから抵当を外すなら、確認しておく必要があります。共有者がいたら、全員が同意しないと取引は成立しません。これらは謄本で確認することができるので、売買契約に先立って必ず確認しましょう。また、あまり日付が古いと、現状と異なっていることがあるので、現状と同じであることを確認してください、場合によっては、現時点で自分で取ってもいいでしょう。不動産登記簿は手数料が1通当たり千円程度かかりますが、だれでもとることができます。

不動産登記に関する情報

© Copyright 不動産登記の確認方法. All rights reserved.